会社情報

沿革

沿革

富士プラスチック設立から安定成長へ

1970年 6月 愛知県小牧市に資本金300万円にて富士プラスチック株式会社を設立
国産旅客機YS-11のウィンドガラス加工を行う
1974年11月 資本金600万円に増資
1990年10月 資本金1,200万円に増資
1991年 9月 事務所ビル(730㎡)竣工機械工場(700㎡)竣工
1992年10月 資本金3,600万円に増資
1997年 7月 松本営業所開設
1998年 1月 技術開発部 創設
1998年 9月 資本金を7,200万円に増資
2002年 4月 東海プラスチック工芸株式会社(小牧市)をグループ化
2002年10月 経営理念・ビジョンの策定。第一次中期経営計画スタート
2002年11月 渡邊樹志 社長就任
2003年 1月 東京営業所開設
2005年10月 第二次中期経営計画スタート
2006年 3月 ISO9001を認定取得(本社・工場、東京支店、松本営業所)
2007年 6月 商品企画室 創設

フジデノロと社名変更をして、変革成長期へ

                    
2008年 8月 社名をフジデノロ株式会社に改称
グループ会社 東海プラスチック工芸株式会社と合併
2008年 8月 特別製品部創設
2008年10月 第三次中期経営計画スタート
2009年3月 ISO9001を自主管理へ切替
2010年 5月 マイクロバブル&炭酸泉温浴器「Mibule」発売
2010年10月 新・第三次中期計画スタート
2011年 2月 医療機器製造業許可 取得
2011年 8月 新社屋(6,666㎡)竣工 本社移転
2012年 4月 第3種医療機器製造販売業許可 取得
2012年 7月 炭酸泉生成装置 【B-da(ビーダ)】発売
2012年 8月 エコアクション21認証 登録
2012年 9月 炭酸泉生成装置【B-da(ビーダ)】グッドデザイン賞受賞
2012年 9月 ヒューマンヘルス営業部(現在のヘルスケア事業部)創設
2014年 4月 第四次中期経営計画スタート
2014年 4月 MRI用磁性体検知器【MAGGUARD(マグガード)】発売
2014年 4月 特別製品部をアミューズメント事業部に改称
2014年 4月 ヒューマンヘルス営業部をヘルスケア事業部に改称
2015年 3月 九州工場(熊本県菊池郡大津町)を開設
2015年 9月 炭酸泉生成装置【B-da ver.2(ビーダ ツー)】グッドデザイン賞受賞
2016年 7月 資本金9,800万円に増資
2016年 11月 第1種医療機器製造販売業許可 取得
2016年 11月 高度管理医療機器販売業許可 本社にて取得
2016年 11月 赤羽工場(東京都 北区)を開設
2016年 12月 高度管理医療機器販売業許可 東京支店にて取得
2017年 7月 熊本工場(2850㎡)を竣工 九州工場より移転