会社情報

top-messeage-panel

当社は1970年の設立以来、航空機をはじめさまざまな産業機械の樹脂精密部品で、お客さまから厚い信頼をいただいてまいりました。2008年には社名を「フジデノロ」と変更し、デザインとテクノロジーを駆使した製品を創造することに取組み始めました。

21世紀に入り、社会がこれまで以上のスピード感をもって変化する時代になりました。フジデノロは、これまでに培ったモノづくりのノウハウと技術力、そして社員の可能性を追求して、世の中のニーズにしっかりとお応えする、「デノロモデル」と「デノロシップ」と「デノロブランド」を確立していくことで、お客さま満足度の高い製品とサービスをお届けしたいと考えています。

当社が目指していくのは、経営ビジョンにあるお客様から最も頼られる企業となる「デノロモデル」と夢をもって挑戦し続ける社員が自己成長を成すための支援ができる「デノロシップ」と人にやさしく驚きの機能とデザイン性の高い「デノロブランド」によって広く皆様に愛される企業となっていく事に取組んでまいります。

私どもは、「必要とされる会社とは?」を常に考え、それに向かって挑戦することが重要であると考えています。フジデノロ理念である「人間の素晴らしい可能性を最大限に生かし、新しい価値を創造することで社会に貢献する。 Unleashing human potential, bringing ideas for life. 」ことを日々の生産活動の中で実践し、お客さまの期待以上の製品を創造してまいりたいと考えております。

私たちが携わるすべての皆さまに喜ばれ、ますますフジデノロのファンになっていただけるよう努めてまいりますので、今後ともご指導を宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長  渡邊 樹志

代表取締役社長
渡邊 樹志
Tatsushi Watanabe