技術情報

Technology of Fujidenolo

フジデノロは、長年培ってきたお客さまニーズにお応えする精密・精緻な加工技術に加えて、技術革新の速い産業機械や医療技術を独自の視点で支え、また切り拓くべく新たな価値を生みだす独自技術の開発にも力を注いでいます。また、技術重視に偏らず、デザイン性や機能性、ユーザーベネフィットを常に取り入れた上での新しい技術開発を続けています。

アクリル封入 Acrylic Enclosure

特徴

アクリル封入とは

簡易的な型の中にアクリルモノマーを流し込み、封入物を入れ、一定温度と一定圧力にて硬化させる方法で、封入物をアクリルの中に封入(閉じ込める)できます。贈答品や記念品での製法としては広く認知されている技法ですが、当社はこの技法を工芸的な視点でクリエイターの皆さまにご提案し、新たな用途開発の可能性にチャレンジしています。

下記右の写真では「牡蠣(カキ)の殻」を封入して、お店のオブジェとしています。封入物によっては、仕上がりや見栄えといった意匠上に悪影響を及ぼすものもありますので、事前のテスト・検証が必要となります。

acrylic-enclosure1
acrylic-enclosure2
acrylic-enclosure3