技術情報

Technology of Fujidenolo

フジデノロは、長年培ってきたお客さまニーズにお応えする精密・精緻な加工技術に加えて、技術革新の速い産業機械や医療技術を独自の視点で支え、また切り拓くべく新たな価値を生みだす独自技術の開発にも力を注いでいます。また、技術重視に偏らず、デザイン性や機能性、ユーザーベネフィットを常に取り入れた上での新しい技術開発を続けています。

電気化学バイオセンサーシステム

特徴

comilu-for-histamine

酵素センサー Comilu for histamine

電気化学バイオセンサーシステムとは、サンプル抽出液1滴程度で測定対象物の濃度を測定できるシステムで、(独)水産総合研究センター中央水産研究所とフジデノロとの共同開発による技術です。

そのシステムを使ってヒスタミン濃度測定器として商品化したのが、酵素センサーComilu for histamineです。

Comiluの詳細はこちら

システムの原理と特徴

electrical-bio-sensor-system_1.jpg

センサーチップに分解酵素を固定し、そこにサンプル抽出液を垂らすことで測定の準備は終わりです。分解酵素の持つ基質特異性(特定の物質に対してのみ反応する性質)を活かし、測定対象物だけを分解させ、その分解産物をセンサーチップ上で電気分解させます。ここで生じる電流は測定対象物の濃度に比例する為、電流を測定することで高精度に濃度測定ができるという仕組みです。

05-2-2-1.jpg

他の濃度測定器との違い

  1. 酵素の基質特異性により、サンプルの前処理を必要としません。 (注)
  2. 測定室など特別な施設を設ける必要がなく、省スペースで濃度測定が完結します。
  3. 機械操作も簡便性を実現したことで、理化学的な訓練や知識などを必要とせず、誰でも測定することができます。

(注) ただし、酵素の種類によって最適条件が異なる為、前処理が必要な場合もあります。

システムの可能性(応用分野への広がり)

electrical-bio-sensor-system_3.jpg

酵素センサーComilu for histamineは、ヒスタミンを特異的に分解する酵素をセンサーチップに固定し使用しますが、このセンサーチップに固定する酵素を選択することで、Comiluの測定対象物を変えることが可能です。
それによって、化学物質を測定するさまざまな分野で、応用可能と考えています。

フジデノロでは、毎日のように発表される学術論文やデータベースからこのシステムに利用できる酵素を探し出し、その酵素を工業的に安定生産し、センサーチップに固定する体制を整えております。
このようなものを測定したいというアイデアや、今までの測定方法を簡便にしたい考えをお持ちでしたら、是非一度お問い合わせください。