技術情報

Technology of Fujidenolo

フジデノロは、長年培ってきたお客さまニーズにお応えする精密・精緻な加工技術に加えて、技術革新の速い産業機械や医療技術を独自の視点で支え、また切り拓くべく新たな価値を生みだす独自技術の開発にも力を注いでいます。また、技術重視に偏らず、デザイン性や機能性、ユーザーベネフィットを常に取り入れた上での新しい技術開発を続けています。

高精度切削加工技術 High-precision Machining Technology

特徴

切削加工とは

角材や棒材の材料をドリル・エンドミル・バイトなどの切削工具を用いて削り、要求の形状・精度に加工することです。
切削加工には大きく分けて、旋切削とミーリング加工に分けることができます。

NC工作機械(マシニングセンタ・NC旋盤)を用いて、高精度かつ多形状を作り出すことが可能です。

high-precision 01
high-precision 1
旋切削(旋盤加工)

旋切削とは、ワーク(材料)を回転させ、バイト等を割り当て外径・内径・端面を切削する加工方法です。

high-precision 2
ミーリング加工(マシニング加工)

フライス盤やマシニングセンタに代表される加工方法で、ワーク(材料)を固定したところにエンドミルを回転させながら移動させ削り出す方法です。NCプログラム化することで、より複雑な形状を削り出すことが可能です。

製品実績

high-precision 3
ミーリング加工

材料:PTFE

high-precision 4
旋切削+ミーリング加工

材料:PMMA