採用情報

先輩コメント

先輩社員コメント

kato img1
技術開発
電子機器開発

加藤 進輔

私の仕事

現在、技術開発部で磁気センサを応用した医療機器の開発を進めています。当社で開発した磁気センサを使った製品としては、『MAGGUARD』というMRI用磁性体検知器が世の中に出たばかりです。その応用製品として、大学医学部と協力して手術中の患者さまの状態をモニターする医療機器を開発しています。これは、既存の機器では計測困難な微小な信号を高感度磁気センサで計測することで、どのような状態の患者さまに対しても、信頼性の高いモニタリングを可能にすることを目指しているものです。大学病院の先生方とともに原理確認実験からスタートし、製品の構想・設計、試作機の製作・評価、量産化への橋渡しという製品開発のすべてのステップを見据えて、一歩ずつ着実に開発を進めています。 

また、計測原理の特許申請や大学病院での臨床研究に対する協力、医療機器としての薬事承認などの業務についても技術開発部が担当しています。このように当社の技術開発部は、製品開発に求められるすべての要件について幅広く関わることができます。

将来の夢

かつて、『MAGGUARD』に搭載される電子回路基板を設計・試作した際のことです。初めはうまく動かず、悩んだ末に原因を突き止めて思い通りに動作させることができました。要求される品質を満たすためにいくつもの変更や修正を経て、その回路基板が組み込まれた製品が発売されたことは、非常に感慨深いものでした。自分の技術力の向上を実感できるマイルストーンとしても、大変意義あるものでした。

現在、後に続く新製品やさらなる磁気センサの高分解能化に向けて、回路基板の性能向上に取り組んでいます。今後も、自分が開発した医療機器を広く普及させ、将来自分や家族が医者に掛かったときに、「この機械は私が作ったんだぞ」と子どもや孫に胸を張って自慢できるようにしたいですね。

入社を考えている方へ

学生のころから医療機器の製造に携わりたいという思いを抱いていましたので、当社でそのような仕事を担えることになり、とても感激したことを覚えています。やはり、やりたい仕事に就けるのが一番だとは思います。

研究開発業務はチームで役割分担して進めていて、行き詰まったときには、同僚や上司とのコミュニケーションがとても大切です。他人に伝えようとして自分の考えが整理でき、説明しているうちに自己解決することも(笑)。ぜひ一緒に働いて、熱い議論やくだらない雑談をいっぱいしましょう。

kato img2