採用情報

医療・健康分野 生井 尊行
ikui prof
医療・健康分野
生井 尊行

成長している会社、チャンスがあふれている会社だからこそ、新たな感覚で挑戦できる

放射線施設のお客さまのニーズとフジデノロの技術をマッチングさせる

ヘルスケア事業は、高齢化社会に伴い急速に社会から必要とされている分野ですが、フジデノロにとっては黎明(れいめい)的な状況であり、今は業界内で地位を確立しようとしている段階といえます。

私は、放射線治療の中でも先端医療である、粒子線治療用「ボーラス」「コリメータ」や自社商品であるMRI用磁性体検知器「MAGGUARD(マグガード)」、輸入品の患者固定具等を、全国10,000以上ある病院に対し、全国に所在するディーラーさまを活用し販売網を構築しながら販売・PR活動をしています。病院などの医療機関さまは、患者さま優先ですので、短期間での納品の要求もありますし、私どもがお医者さま・放射線技師の方々の代役となり、病院内での情報伝達などの橋渡し的な代役を担うことも重要な職務の一つとなっています。医療という命にかかわる分野での仕事ですから、やりがいを感じると同時に、自分が社会に貢献していることをダイレクトに感じることができるフィールドです。

ikui 1

変革期の会社だからこそ、挑戦すべきである

当社は、平成23年に医療機器製造業許可を取得し、本格的にヘルスケア分野に参入いたしました。粒子線治療用「ボーラス」「コリメータ」においては、国内シェアの2/3を誇っており、高い信頼を得ています。これは当社の技術力だけではなく、安定供給可能な体制が評価されてのことだと思います。またMRI用磁性体検知器のような独自製品を持つことで、さらに医療施設からの信用も高くなっていると感じています。

今後も「ボーラス」「コリメータ」をはじめとする放射線分野で、お客さまのご期待に添えるような提案をしていきたいですね。急速に成長している市場だからこそ、お客さまのニーズを的確にとらえ、こちらからもより良いものを提案できるよう技術開発に力を入れていくことが重要と感じます。

私は入社して5年ほどたちますが、当社が従来から得意としている樹脂加工と違った、メカニカルな装置開発のプロジェクトにも参画させていただくことができました。依頼元のお客さまからこのお引き合いを聞いた際には、すぐに提案の機会をもらいたいとお願いをしました。当初は、専業的に開発・製作しているメーカーが優位とも思われましたが、最終的には当社へご依頼をいただくことになりました。提案力、放射線業界に対する本気の意気込みを認められた結果であったと思っています。当社は年齢や経験に関係なく、やりたいと手をあげれば任せてもらえる風土があります。今は、社会が変化するスピード以上の勢いで、大きく変革しようとしている当社です。本当に成長を肌で感じられる職場であることは間違いありません。

ikui 2

後輩たちの道しるべとなるべく、挑戦する経験を重ねたい

フジデノロは知る人ぞ知る企業であり、企業規模としては決して大きくありません。しかし、だからこそ社員一人ひとりの役割が大きく、個人の可能性と挑戦が会社の成長にも直結しています。しかし、中小企業でありながら、多様な業界と取引があり、さまざまなチャンスがあるとも思います。自分の可能性を信じて挑戦すれば、夢が実現するチャンスはいくらでもあります。ヘルスケア事業においては、今後ますます成長する市場ですので、挑戦できるフィールドは無限大です。

ヘルスケア事業部は、グローバルに目を向けています。今後は海外との取引も増えてきますので、私もいずれは海外での拠点でマネジメントができるよう、ひそかに英語の勉強もしているところです。これからできる後輩たちにも多くの挑戦の軌跡を伝えられるよう、経験をたくさん重ねていきたいですね。

ikui 3