難削材加工 Difficult-to-cut Processing

特徴

difficult-cut1

航空機・宇宙開発産業では、省エネルギー化を図るための手段として、従来の方法では対応できない新素材や複雑かつ高精度な加工部品が求められています。 切削加工が困難な素材においても、長年蓄積されたデータベースから最適な切削条件や特殊刃物の選択によって複雑形状を実現します。

製品実績

difficult-cut2

用途:航空機部品

材質:ハニカムコア

difficult-cut3

用途:航空機部品(グリップ)

材質:ABS樹脂