超微細加工 Ultrafine Processing

特徴

ultrafine-processing1

より微細、高精度な切削加工が可能です。レーザーによる工具補正やリニアによるテーブル移動など、主軸の振れを極力制御することで、精度が増します。

正確な穴ピッチや高アスペクト比の凸形状など、微細な加工を得意としています。

使用機器

超精密微細加工機 NANO-21
ultrafine-processing2

特徴

  • 主軸(刃先)の振れ  3μm以内
  • 加工ワーク精度  ±5μm
    機械精度 ±0.2μm
  • レーザーにより工具径・工具長の自動測定
  • 温調ブースを付加
    機械をブースで囲み、温調機を装備 (作業環境23℃±1℃)

アプリケーション

  • 医療・分析機器関連
  • マイクロマシン
  • 情報家電
  • バイオ関連
  • 精密・微細部品

基本仕様

テーブル移動距離 200×150×150 X:Y:Z
工具最大径 φ6.0まで
主軸回転数 3.000~50.000min-1
工具収納数 30本

製品実績

被削材 スミカスーパー
板厚 1.0mm(アスペクト比16)
使用工具 Φ0.06ドリル
加工精度 穴ピッチ精度(0.005)
ultrafine-processing3
被削材 PEEK
板厚 0.7mm(アスペクト比14)
使用工具 Φ0.05ドリル
加工精度 穴ピッチ精度(0.005) 
ultrafine-processing4